マルチスライスCT

CTスキャンは、X線を使い、体の断面を写し出す検査です。
 80列マルチスライスCTは、高性能のCT装置です。
非常に高速に、多数の断面を撮影することができます。
そのため、以下のような特徴を誇ります。
体のあらゆる断面を自在に見ることができます。
骨や内臓、血管などを、立体的な画像で見ることができます。

当院のCT検査は、放射線被曝をできるだけ少なくなるように配慮しています。

逐次近似再構成法という技術を搭載したCT装置です。
より少ない放射線の量で、良い画質の画像が撮影できます。
さらに撮影条件を細かく調整することで、できるだけ少ない放射線の量になるようにしています。
以下の表は放射線の量の比較です。

診断参考レベル当院
頭部3.02.1〜2.3
胸部8.02.4〜3.3
腹部 骨盤15.05.1〜6.8
診断参考レベルはこれ以下に推奨されている値です。単位mSv

腎臓と血管脊椎
心臓と冠動脈脳動脈瘤

更新日:

Copyright© 鷲谷病院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.